3R実践のために役立つ情報サイト

>

3Rのためにできること

日常生活でできること

「3Rへの取り組み」という響きから、特別なことをする必要があるのでは?と考える人がいるのではないでしょうか。
しかし、3Rは特別なことでも、身構えるものでもありません。
3Rは誰でも簡単にできるのです。

そのひとつに「ごみ減量化」があります。
スーパーへ行くときに、買い物バッグを持参するだけで、レジ袋のごみを減らすことにつながります。
また、シャンプーを購入するときは、詰め替え用を選ぶ方法があります。

食料品を買うとき、パック入りを選びがちですが、ばら売りを選ぶことで過剰包装が避けられます。
贈答用品を選ぶときも、簡易包装にしてもらうことで、包装紙のムダ遣いを減らせます。
このように、小さい気付きの積み重ねが3Rにつながることを知っておきましょう。

3Rの取り組みで期待されること

ごみの減量化を意識して生活することで、環境の美化にもつながります。
限りある資源を有効活用できるメリットも大きいのではないでしょうか。

買い物袋を持参するとポイント付与が受けられる店もあり、家計費の節約にもつながります。
もちろん、「3Rへの取り組み」が必要なのは、家計費節約のためだけではありません。
しかし、使える包装紙やダンボール箱などを再利用することで、出費を減らせるメリットもありますよね。

贈り物をするとき、豪華な包装にしたい気持ちはわかります。
しかし、もらったほうは包装資材の整理に困る場合も少なくないのです。
このような理由から、贈り物の種類や贈る相手によっては、簡易包装で十分ではないでしょうか。
そのためには、ひとりではなく、みんなが3Rを意識することが大切です。


この記事をシェアする