3R実践のために役立つ情報サイト

3Rの意味や違いは

私たちが生活していくためには、食料品や日用品などが必要です。
それらを購入する頻度は、個々の生活スタイルや家族構成によっても異なります。
しかし、モノを購入すると、必ずといってもいいくらい「ごみ」が発生しますよね。

ごみにはいろいろな種類があります。
分別方法は自治体によっても異なりますが、缶・瓶やペットボトルなど再利用可能なモノも含まれます。
そのため、ごみの日を利用するときは、きちんと分別してから出すことが大切です。

また、いきなり廃棄するのではなく、使える可能性があるモノは再利用することが望まれます。
たとえば、空容器や空箱などは、ほかの用途に使うことができます。
詰め替え用商品を購入することで、容器の再利用にもつながります。

自分には不要になったモノを欲する人がいるかもしれませんね。
廃棄する前に少し考えると、身近にあるモノを活かせるチャンスがでてきます。
リサイクルショップが人気なのも、このような背景があるのではないでしょうか。
 
こちらのサイトでは、「3R」について、その違いや意味を含めてまとめました。
「3Rへの取り組み」は、個人ではなく社会全体が行なうことが大切です。
また、私たち1人ひとりが問題意識を持つことが大事なポイントになります。
そのためには「3R」の意義や目的を把握したうえで、自分の生活を見直す必要性がでてきますね。

「3R」は特別なことではありません。
ちょっとした心掛けによって簡単に取り組めるテーマです。
これを機に、今日から3Rを意識した生活を始めてみましょう。